blog.comame.xyz

Hyper-V にインストールしている Windows 11 で WSL2 を動かすことができた。

手順

1. Hyper-V の管理機能を有効にする

「Windows の機能の有効化または無効化」で Hyper-V > Hyper-V 管理ツール > Windows PowerShell 用 Hyper-V モジュール を有効にする。

参考: https://docs.microsoft.com/ja-jp/skypeforbusiness/troubleshoot/server-install-or-uninstall/get-vm-not-recognized-during-install-cloud-connector

2. Hyper-V での入れ子になった仮想化を有効にする

PowerShell で以下のコマンドを実行する。<VMName>Get-VM で確認できる。

Set-VMProcessor -VMName <VMName> -ExposeVirtualizationExtensions $true

WSL2 は Hyper-V を使用しているため、この方法で仮想マシン内で仮想環境を使用できる。

参考: https://docs.microsoft.com/ja-jp/virtualization/hyper-v-on-windows/user-guide/nested-virtualization