blog.comame.xyz

前提条件

  • Windows 10 Pro を使用していること (Hyper-V を使用するため)
  • ホストが Windows 11 の動作要件を満たしていること (満たしていなくとも動作する可能性はあるが)

手順

Windows 10 の ISO を用意する

現時点では、公式に Windows 11 の ISO を直接入手することができない。なので、Windows 10 をインストールした後、Windows Update で Windows 11 にアップグレードする。

Download Windows 10 Insider Preview ISO - microsoft.com からダウンロードするか、あるいは Media Creation Tool で ISO イメージを作成する。

Hyper-V の仮想マシンを作成する

Windows 11 の動作要件 を満たした仮想マシンを作成するため、設定を少し変更する。以下の項目以外については、自動的に Windows 11 の動作要件を満たすと思われるが、適宜変更が必要かもしれない。

  • 「セキュリティ」の「トラステッド プラットフォーム モジュールを有効にする」にチェックを入れる
  • メモリを 4 GB 以上割り当てる

Hyper-V のグラフィックは WDDM 1.3 にしか対応していないはずだが、今回はインストールを進めることができた。

Windows 11 にアップグレードする

Windows Insider Program を Dev チャンネルにすると、Windows 11 のアップデートを受け取ることができる。

ところで

WSL2 がきちんと動作するかどうかテストしてみたかったが、Hyper-V 内部で仮想化をすることができないようで、インストールに失敗した、残念。