blog.comame.xyz

Docker を使用したGradle のビルドを高速化する

問題

Docker で gradle build を実行すると、Starting a Gradle Daemon で 1 分近くかかってしまう。

解決法

適当に gradle clean などをあらかじめ実行しておく

  # Dockerfile

  FROM gradle

  COPY build.gradle.kt build.gradle.kt

+ RUN gradle clean

  COPY src src
  RUN gradle build

Daemon 起動中の出力を見る限り、依存関係の計算やダウンロード、build.gradle.kt のコンパイルに時間がかかっているように見える。一度 gradle clean を実行することによって、gradle build の実行時にはそれらを回避できる。また、src/ 以下を変更しただけの場合 RUN gradle clean はキャッシュが利用できるため、初回ビルドより後では高速にビルドできる。

測定

簡単な Hello, world! コードで検証した。次に記載するファイル以外は IntelliJ IDEA で生成されたものをそのまま使用した。

# src/main/kotlin/xyz/comame/test/Main.kt

package xyz.comame.test

fun main() {
    println("Hello,world!")
}
# Dockerfile

FROM gradle

RUN useradd -m user
USER user
WORKDIR /home/user

COPY gradle.properties gradle.properties
COPY settings.gradle.kts settings.gradle.kts
COPY build.gradle.kts build.gradle.kts

RUN gradle clean

COPY src src
RUN gradle build

初回ビルド

RUN gradle clean を追加した場合、RUN gradle clean は 49 秒、RUN gradle build は 18 秒かかった。一方、追加しなかった場合、RUN gradle build は 56 秒かかった。

2 回目のビルド

src/main/kotlin/xyz/comame/test/Main.kt の Hello, world! の文字列を変更して再度ビルドした。docker build のキャッシュは有効である。

RUN gradle clean を追加した場合、RUN gradle clean はキャッシュが使用され、RUN gradle build は 18 秒かかった。一方、追加しなかった場合、RUN gradle build は 1 分 3 秒かかった。

複数回測定を繰り返した場合でも、上記とおおむね同様の結果を得られた。

考慮事項

Dockerfile に USER rootWORKDIR /root を指定した場合、RUN gradle build は高速化されなかった。root ユーザーでは効果がないのか、WORKDIR /root の場合に問題があるのか、あるいは他に原因があるのか、今回は未検証である。

共有 Twitter で共有 Facebook で共有 URL をコピー