今日このブログで AdSense の申請をしましたが、いくつか技術的な問題があったため、それの対処法を紹介します。

発生した問題

AdSense の申請をするには当然対象の URL が必要ですが、サブドメインでは申請できないという問題があります。このブログは blog.comame.xyz で配信していましたが、comame.xyz に付け替える必要がありました。
一方、comame.xyz はすでに自前のサーバに割り当てていました。このブログで使用している一部の画像やスクリプトなども comame.xyz から取得していました。そのため、DNS を書き換えるだけではブログのレイアウトが崩れてしまいます。

状況

comame.xyz 上では、すでにいくつかのサービスが動いています。一方で、過去に Docker を使用することで複数のサーバに分割させており、Nginx のリバースプロキシを使ってリクエストを振り分けていました。実際の Nginx のコンフィグの一部は以下のようになっていました。


server {
  location / {
    location / {
       # Docker Compose のサービスの1つとしてホームページを配信していた
       proxy_pass http://home/;
    }
    location /assets {
      # 画像や CSS、JavaScript はここから配信していた
      proxy_pass http://assets/;
    }
  }   
}

この設定ファイルからわかるように、アセット配信サーバとホームページ配信サーバは別のコンテナで実行していました。

解決策

ルートディレクトリだけを blog.comame.xyz へのリバースプロキシとすることで解決しました。アセット配信サーバは変わらず /assets で配信しています。


server {
    location / {
        location / {
            # 今まではコンテナに向けていたものを、blog.comame.xyz に差し替え
            proxy_pass: https://blog.comame.xyz/;

            # TLS 周りのエラーが発生したので
            proxy_ssl_server_name on;
        }
        location /assets {
            # 変更なし
            proxy_pass: http://assets/;
        }
    }
}

現状

DNS をいじったわけではないので、blog.comame.xyz にアクセスすることでもブログにアクセスできます。comame.xyz にアクセスすると、今まで表示されていたホームページではなく、ブログが表示されるようになっています。
次のような流れになっています。
User Agent -> comame.xyz -(Nginx が代理アクセス)-> blog.comame.xyz

教訓

止めると影響が大きいサーバとそうでもないサーバは、分けておいたほうが後々役に立つ (適当)
AdSense の申請通るといいな

共有 Twitter で共有 Facebook で共有 URL をコピー

JavaScript を有効にしてください