このはちゃんかわいい

Docker

今回は、Web サーバを Docker でコンテナに包んでみました。デプロイが圧倒的に簡単になりました。
今まではマネージドサービスと自分でサーバを管理するのとの間で振り子のように動いていましたが、これからは移動も楽になる気がします。

速度

今までは Firebase Hosting の US リージョンに置いていたため、RTT が 300 ms くらいありました。流石に堪えられないなーと思っていたのが ConoHa に移した大きな理由の一つです。ConoHa は東京にリージョンがあるので、とてもはやいです (小並感)。

開発のしやすさ

今回は Nginx もコンテナに閉じ込めたので、リモートマシンでも完全に同じ環境でサーバを起動できるようになりました。これにより、今まではサーバにアップロードしないと確認できなかったようなこと (Secure Context で動く API とか) もローカル環境で手軽にできるようになりました。

改善したい点

  • ログ設定をきちんとしていないので、コンテナを止めるとログも消えてしまう
  • Nginx の proxy_pass でサービス名を直に指定しているので、すべてのコンテナを立ち上げないとエラーを吐いてしまう

このはちゃんかわいい
共有 Twitter で共有 Facebook で共有 URL をコピー

JavaScript を有効にしてください