Gmail ヘルプフォーラム で回答していると、それなりの頻度で次のような質問が届きます。

ピリオドの有無が違うだけのメールアドレス宛のメールが、私にも届いています。これは他人宛のものではないのですか?

Gmail の仕様では、@ より左側にあるピリオドの有無は無視されるようになっています。この仕様について、実験を交えて少し詳しく解説します。

どのような仕様になっているの?

以下のメールアドレスは、全て同じアカウントのメールアドレスとして扱われます。

  • example@gmail.com
  • exam.ple@gmail.com
  • e.x.a.m.p.l.e@gmail.com

他の人に届くことはないのか?

A. ありません。

実験

では、実験をしてみましょう。まずは、Gmail にアクセスし、新規メール作成ダイアログを開いてください。

  1. ご自身の Gmail アドレスに適当にピリオドを挟んで送信してみる
    例: example@gmail.comexam.ple@gmail.com
  2. ご自身の Gmail アドレスから適当にピリオドを外して送信してみる
    例: your.address@gmail.comyouraddress@gmail.com

解説

手順 1 と 2 どちらの場合も、自分の受信トレイにメールが届いたはずです。
Gmail では、@ より左側にあるピリオドは無視され、全て同じアカウントのメールアドレスとして扱われます。つまり、ピリオドがあろうがなかろうが、全て同じ人に届くということがわかります。

他の人が使っている可能性は?

A. ありません。

実験

  1. Google アカウントからログアウトする
  2. 再びログイン画面を開く
  3. 普段ログインしているメールアドレスに、適当にピリオドを挟んでログインしてみる
  4. 普段ログインしているメールアドレスから、適当にピリオドを外してログインしてみる
  5. アカウントの作成画面を開く
  6. Gmail アドレスの入力欄に、普段ログイン時に使用している Gmail アドレスを入力し、アカウントを作成しようとしてみる
  7. 普段ログイン時に使用している Gmail アドレスに適当にピリオドを挟んで入力してみる
  8. 普段ログイン時に使用している Gmail アドレスから適当にピリオドを外して入力してみる

解説

手順 3 と 4 どちらでも、ご自身のアカウントにログインできることが確認できたはずです。
また、手順 6, 7, 8 では全て「すでに使用されています」と警告が表示されたはずです。
つまり、ピリオドの有無が異なるだけの Gmail アドレスは、同一のアカウントとして扱われるということがわかります。同一のアカウントなわけですから、他人が使用している可能性はありません。

まとめ

以上より、Gmail では @ より左側にあるピリオドの有無は無視され、同一のアカウント・宛先として扱われていることがわかります。
共有 Twitter で共有 Facebook で共有 URL をコピー

JavaScript を有効にしてください